料理に使う赤ワインの代わりはこれだ【代用品10選】

料理

こんにちはヒロです!

料理を作っていて赤ワインが必要な時ってありますよね

赤ワインって飲むためだけじゃなくて料理を作るためにもめっちゃ活躍します

特に洋食系、フレンチやイタリアンなんかを作ろうと思うと使う機会はよくあります

でもそんな時に

「この前、赤ワイン使い切って無くなっちゃった・・・」

「買っても使いきれそうにないし何かで代用できないかな・・・」

こんな悩みを抱えた経験ありませんか?

今回はそんな悩みを解決するために赤ワインがない時にこれで代用できる10個の代用品を紹介していきたいと思います

僕は東京の有名フレンチレストランやミシュラン星付きのフレンチレストランなどで働いて、今はシェフとしてキッチンで働いています

その中で赤ワインに近い食材や合う食材もたくさん触ってきました

ぜひこの記事を読んで赤ワインの代用品を見つけてみてください



料理に赤ワインを使う理由

まず料理に赤ワインを使うとどんな効果があるのか

・肉を柔らかくする

・臭みを消す

・コクを出す

・香りをつける

・保存性を高める
 
・甘みを出す

これらの効果が期待できます

こんなに良い効果があるので料理人も赤ワインにはたくさん助けられます

なかでも赤ワインの中に含まれているタンニンという物質が料理をさらに引き立たせてくれます

タンニンの効果

タンニンとはブドウの皮や種に多く含まれている物質で強い苦味を持った物質です

苦味を持った物質・・・マイナスの要素っぽいですよね

でもこれが重要でタンニンには

肉の臭みを消す、肉を柔らかくする、さらに肉のタンパク質と結合して表面をコーティングして肉の旨味を外に逃さないという効果があります

タンニンを含んだ赤ワインは大切な役割を担ってくれてるんです



赤ワインの代用品10選

それでは赤ワインの代用になるものを挙げていきます

・日本酒
・料理酒
・ブドウジュース
・クランベリージュース
・りんごジュース
・ビール
・バルサミコビネガー
・白ワイン
・ロゼワイン
・蒸留酒

以上の10品が赤ワインの代用として使える物です

それぞれ解説していきます

日本酒

米、米麹、水を発酵させたお酒

タンニンが含まれてる訳ではないですが、食材の臭みを消す効果を持っています

アミノ酸が入っているのでうま味やコクを引き出してくれます

でも、あまり使いすぎると料理そのものの風味を変えてしまうので、使い過ぎには注意が必要です

 

料理酒

料理酒はほとんど日本酒と同じなのですが、違うところは「塩が添加されている」ところです

日本酒と同じ感覚で使っているとしょっぱくなってしまうことがあります

甘味料も加えられてるものもあり、お米の風味もあまり感じられません

 

ブドウジュース

砂糖が添加されていない濃い紫色の100%のブドウジュースを使いましょう

ブドウなのでタンニンも含まれているので赤ワインと同じような効果があります

アルコール風味が苦手な方やお子様にはあえてブドウジュースを使うのも良いと思います

 

クランベリージュース

ブドウジュースと同じく佐藤が添加されていない100%のジュースのものを使いましょう

クランベリージュースにもタンニンが含まれているので赤ワインに近いような効果はあります

ブドウとは違った風味になりますが、赤ワインの代用として使いやすいです

 

りんごジュース

りんごジュースも砂糖が添加されていない100%のものを使いましょう

りんごにもタンニンが含まれていますが皮に多く含まれているので、皮を剥いて作ったりんごジュースではタンニンの効果は少ないです

りんごを使うときは皮ごと擦りおろして使うのがおすすめです

 

ビール

ビールにもタンニンは含まれています

なのでコクや甘みを引き出したり、肉を柔らかくする、臭みを消すなどの効果があります

風味は赤ワインとは変わってしまいますが、「牛肉のビール煮込みというフランス料理があるくらい料理に使いやすいです

 

バルサミコビネガー

ブドウを原料として作られているお酢

なので赤ワインと似たような風味は持っていますがビネガーなので酸味がとても強く、煮込み料理などに赤ワインと同じ感覚で使うとものすごく酸っぱくなってしまいます

これは少量加えて甘味やコクを出す感覚で使いましょう

 

白ワイン

白ワインにもタンニンは少し含まれていますが、多くの白ワインは作る工程で皮を使わずに作ります

タンニンはぶどうの皮に多く含まれているので、皮を使わずに作る白ワインは赤ワインに比べるとだいぶタンニンが少ないです

風味や味わいも赤ワインとは違ったものになりますが、お肉の臭みを消す効果はあります

 

ロゼワイン

ロゼワインもほとんどが皮と種を使って作られるので赤ワインよりは少ないですが、タンニンが含まれています

渋みは少ないのでさっぱりした仕上がりになります

 

蒸留酒

ウイスキーなどの蒸留酒も肉の臭みをとることができます

ブドウを使ってる訳ではないのでこれも風味や味わいは変わってきますが臭み消しなどには十分使えます

僕が修行してた頃、ウイスキーでお肉のソースを作ったりして味わい的にお肉との相性は良いです

まとめ

赤ワインって料理を作る時ものすごく役に立ちます

・肉を柔らかくする
・臭みを消す
・コクを出す
・香りをつける
・保存性を高める
・甘みを出す

これだけの効果を生み出してくれて、なかでもタンニンがより一層料理を引き立ててくれる大事な存在です

でも赤ワインがない時でも代わりに使えるものはこれだけあります

・日本酒
・料理酒
・ブドウジュース
・クランベリージュース
・りんごジュース
・ビール
・バルサミコビネガー
・白ワイン
・ロゼワイン
・蒸留酒

それがアルコールであったり、原料がぶどうであれば代用できることが多いです

でも大量に使いすぎると赤ワインを使ってた時と味わいや香りなどが変わってくることもあるのでそこは注意が必要です

赤ワインがないからといって落ち込まず、代用品でも美味しい料理は作れるので、代用品を使って新たな料理の発見をしてみても良いかもしれません

コメント

タイトルとURLをコピーしました